2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
[LEFT_POLL]
 

トップ > ボードゲーム > 戦略ゲーム > エンバーカデロ
価格帯別 > 8,001円〜9,000円 > エンバーカデロ

エンバーカデロ

【日本語版】

作者:Adam Buckingham, Ed Marriott

販売:数寄ゲームズ 


プレイ人数:1~4人

プレイ時間:約60分〜90分

製造元 : 数寄ゲームズ
希望小売価格 : 8,800
価格 : 8,800円(税込)
ポイント : 80
数量    売り切れ
 

税込11,000円以上の購入で基本送料無料!(一部地域除く)

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

【ゲーム内容】

2021年キックスターターの新作。舞台は西部開拓時代のアメリカだが、珍しいことに、西の到達点とも言われるサンフランシスコの港が舞台だ。

ゲーム終了時には、カッコいい立体的な港街が出来上がる。

船を寄港させ、その船の上に建築材で土台を造り、さらに建築材を置いて、建物を造っていく。

プレイヤーは、船カードと建物カードの二種類を操る。カードを破棄し、船をスクラップにして資源に戻してしまうのがポイントだ。いや、それどころか、他の建物建築のために、敢えて沈没させてしまうこともある。

この一連の廃船ビジネスを、「エンバーカデロ」という。

埠頭に近い立地や、評議会での評価もVPとなるが、全ての戦略の鍵は、カード選択だ。どのカードをスクラップに利用して、どのカードを残していくか。

一ラウンド5手番の三ラウンド。
このゲーム一番の面白さは、毎手番、手札のカードを1枚残していくこと。残すと言っても、そのカードは、次の「手番」使えるのではなく、次の「ラウンド」使えるカードとなる……

「将来性」「計画性」が問われる、中量級ハンドマネジメントゲーム!