2024年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
今日
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 

トップ > マーダーミステリー > MYSTERY&ADVENTURE BOX 04 探偵禁止領域
価格帯別 > 3,001円〜4,000円 > MYSTERY&ADVENTURE BOX 04 探偵禁止領域

MYSTERY&ADVENTURE BOX 04 探偵禁止領域

【日本語版】

作者:河野裕

販売:株式会社KADOKAWA


プレイ人数:6人(GM不要)

プレイ時間:約240分

製造元 : 株式会社KADOKAWA
希望小売価格 : 3,850
価格 : 3,850円(税込)
ポイント : 35
数量    売り切れ
 

税込11,000円以上の購入で基本送料無料!(一部地域除く)

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

【ゲーム内容】

仮面の名探偵と、正体不明の殺人鬼−−
10年に及ぶ未解決事件を暴く、ただ1日の物語。

大正時代、帝都。急速な発展を遂げる影で、凶悪犯罪が増加の一途を辿っていたこの街の治安は、たったひとりの男によって維持されていた。
カエルの仮面で正体を隠した名探偵・蛙屋清次郎(かわずやせいじろう)。4年前に警察の相談役となった彼は、年間に100を超える事件を解決し、「帝都のすべての凶悪犯罪は彼によって暴かれる」と言われた。そして蛙屋の存在が犯罪への抑止力となり、とくに殺人事件においては、彼の登場前に比べて発生件数が4割も減少していた。だがその蛙屋にも、ただひとつだけ汚点があった。連続殺人鬼・鴉(からす)。鴉だけは蛙屋にもその正体を掴ませず、数々の無残な遺体を生み出して帝都を震撼させていた。
あるとき、関係者6人に、蛙屋からの招待状が届く。それは鴉の正体をついに突き止めたという知らせだった……。